MacでLaTeXiTをインストールする方法・使い方

MacアプリのKeynoteで数式を挿入しようとしても、挿入方法がありません。

LaTeXiTというアプリを使用して数式画像を作成してKeynoteに貼付ける事が一般的なようです。そこで、このLaTeXiTを導入してみたので、その使用方法について紹介します。

スポンサーリンク

MacでLaTeXiTをインストールする方法

latexit-mac
LaTeXiTのページへいき、Downloadを選択します。

latexit-mac
▲続いて、最新版のLaTeXiTをダウンロードします。

latexit-mac
▲ダウンロードしたらファイルを開き、LaTeXiTを開きます。

latexit-mac
▲すると、LaTeXiTを起動出来ました。

LaTeXiTの使い方

簡単にですが、LaTeXiTの挙動を確認します。

latexit-mac
▲LaTeXiTのコマンドを入力したら、「LaTeXiT!」を選択します。(キーボードショートカットキー「command+T」でもOK)

latexit-mac
▲すると、上にプレビューが表示されます。

latexit-mac
▲LaTeXiT上からデスクトップへ、ドラッグ&ドロップします。

latexit-mac
▲すると、数式がpdf形式で保存出来ました。

保存できる形式には、以下のようなものがあります。

  • PDF
  • PDF w.o.f(数式情報付き)
  • EPS
  • SVG
  • TIFF
  • PNG
  • JPEG
  • MathML

latexit
▲画像をドラッグする際に、保存する形式を選べるポップアップが出てきます。ドラッグしながら保存したい形式のところで止まると、その保存形式で保存できます。

PC上で綺麗な式を作成したい時には、LaTeXiTは便利です。

参考:LaTeXiT

Macアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント