Excelデータを綺麗にグラフ化できる「MjoGraph」をダウンロードする方法

Excelデータをグラフ化する時に、Excel内で行ってもよいのですが、もうちょっと美しく表現したい場合があります。

そのような時には、MjoGraphという無料アプリがオススメです。

MjoGraphは、Excelに記述したデータを取り込めるので、直感的に操作しやすいです。

今回は、MjoGraphをダウンロードするまでを中心に、手順を説明します。

スポンサーリンク

MjoGraphのダウンロード方法

mjograph-mac
mjographの公式ページへいきます。そして、ダウンロードを選択します。

mjograph-mac
▲続いて、図の「sourceforge」を選択します。

mjograph-mac
▲そして、mjograph-4.6.1を選択します。

mjograph-mac
▲mjograph-for-osx-4.6.1.zipを選択します。すると、zipファイルをダウンロードできます。

mjograph-mac
▲zipファイルの中に、MjoGraphがあります。これをダブルクリックして起動します。

mjograph-mac
▲Java SE 6 ランタイムが必要なので、インストールを選択します。(数秒で終わります。)

mjograph-mac
▲許可します。

mjograph-mac
▲すると、まっさらな、MjoGraphが出てきました。

ExcelデータをMjoGraphに取り込む方法

MjoGraphで表示するデータは、Excelから取り込む事が可能です。

mjograph
▲グラフにしたいExcelデータをコピーして、

mjograph
▲MjoGraphの右側の部分で右クリックをし、「クリップボードから新しい系列」を選択すると、

mjograph
▲ご覧のように、グラフが表示されます。MjoGraphが使用できる事がわかりました。

今回は、MjoGraphの導入の仕方を中心に紹介しました。次回は、MjoGraphの具体的な使い方を紹介しようと思います。

参考:mjograph – a scientific plot program – Japanese page

Macアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント