FastEverのテキスト受け渡しURLスキームは定型文を入力する時に使える

EvernoteのメモアプリFastEverは、メモだけ書くのに快適なiPhoneアプリです。

このFastEverには、URLスキームによるテキスト受け渡し機能が備わっていたので、その方法を確認してみました。

決まった文字列を毎回入力したい場合には有効な機能です。

スポンサーリンク

FastEverのテキスト受け渡しURLスキーム

FastEverのテキスト受け渡しURLスキームは、以下になっています。

fastever://?text=テキスト

この機能が実装されたのは、1年以上前でした。

さて、このURLスキームのテキスト受け渡しURLスキームをどのように利用できるかを以下に示します。

例えば、MyShortcuts+Viewerを使って、通知センターに以下の文字列を登録してみます。

fastever://?text=nasimeya


▲そして、通知センターから登録した項目をタップすると(左)、FastEverが起動し、登録した文字列「nasimeya」が挿入できました(右)。

日本語を登録する場合はエンコードが必要

登録したい文字列が日本語の場合には注意が必要です。

登録する際は、以下のページを利用して、UTF-8形式でエンコードさせる必要があります。

例えば、「今日の出来事」をエンコードすると、以下の文字列になります。

%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e5%87%ba%e6%9d%a5%e4%ba%8b


▲これを同様にMyShortcuts+Viewerを使って通知センターに登録します(左)。そして通知センターから起動すると、「今日の出来事」という文字列が挿入できました。

改行も反映される


▲エンコードする際に、改行してエンコードすれば(左)、きちんと反映されています(右)。

まとめ

FastEverで入力する文字列が決まっている時には、テキスト受け渡しのURLスキームを利用すると、普段の書き込みがスムーズになるかもしれません。

とりあえず注意点としては、日本語やスペースがある時には登録したい文字列をエンコードすることを忘れない事です。

参考:
URLスキームでエラーが出るなら、まず日本語を疑え

なお、僕は毎日FastEverで軽い日記のようなものを書いていますが、この時に押しているタイムスタンプに対応するURLスキームは見つかりませんでした。タイムスタンプはその場で押せるので、特に問題は無いですが、あると若干スムーズになったかもしれません。

FastEver 2
価格: ¥480

MyShortcuts+Viewer
価格: ¥120
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント