Safari→1Passwordのブックマークレット連携で、記事をTwitterで共有しやすくなった!

Safariでネット上の記事を見ている時に、Twitterで記事を共有するためのツイートボタンがあるのは見た事があると思います。

iPhoneから実際に共有しようとボタンを押すとTwitterの認証画面になるのですが、入力が意外と面倒なのです。何しろパスワードは1Passwordで管理しているので、一々1Passwordを開いてパスワードをコピーしてこないといけません。

しかし、実は、Safariから1Passwordを起動するためのブックマークレットを利用する事で簡単にパスワードを入力する事が出来ます。これにより、記事に用意されているツイートボタンを押してから今までよりも3倍ほど速く共有出来るようになりましたので、その方法を紹介しようと思います。

1304212106

スポンサーリンク

ブックマークレットに関して

Safariから1Passwordを開くブックマークレットを作る手順は以下の記事で紹介されています。一応ブックマークレットを紹介すると、

javascript:window.location=’op’+(window.location.href);

です。

Safariから1Passwordのブラウザへ引き渡すブックマークレット便利すぎワロタ | くずのは探偵事務所

記事を共有するまでの手順


▲共有したい記事のツイートボタンを押します。


▲ユーザー名とパスワード入力画面になるので、ブックマークを開き、


▲1Passwordで開くブックマークレットを起動します。


▲すると、1Passwordが起動するのでパスワードを入力すると、


▲1Password用のブラウザになります。画面下部に鍵マークが出てくるのでタップします。


▲1PasswordにTwitterのアカウントが登録してあれば、適切なアカウントが出てくるのでタップします。


▲すると自動でユーザー名とパスワードが入力されるので、ログインを押せば、


▲ツイート投稿画面になります。

Twitterだけじゃない!

今回はTwitterを例にとってみましたが、1Passwordに登録していればどんなサイトでも可能です。

例えば、FacebookやAmazonにだって利用する事が出来ます。

魔法のブックマークレットを利用すれば各種サービスのIDとパスワードを入力せずに済みます。

ただし、1Password用のパスワードはもちろん入力しますが。。。

ポイントは、一連の操作の中に、覚えていないパスワードを持ち出してくる必要がない点にあります。

1Password利用者にとっては必須のブックマークレットです。

iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント