RSSアプリのMr.Readerは、スクロール”だけ”で自動既読になるから気に入っている!

追記 2018年3月8日

現在、Mr.Readerは販売されていません。

RSSは自動で情報を1箇所に集約出来るので便利なのですが、フィードも沢山集まると全てに目を通すのは大変です。

最近ではRSSフィードを頻繁に読まなくなってきたので、その分未読フィードが溜まるようになりました。1回読むとした時に300とか400とかのフィード全てを読むことはできません。

なので読むのを中断するのですが、どこまで読んだのかという情報が通常は残りません。そこで、iPadのRSSリーダー閲覧アプリのMr.Readerが活躍します。

今回は僕が気に入っているMr.Readerの自動既読機能を紹介したいと思います。


▲Mr.Readerのアプリ内の設定から、Articles Table>Mark As Read>While Scrollingをオンにします。


▲フィードをスクロールするだけで既読になります。途中で読むのをやめて再開する時には、前回読んだところから再開することができます。


▲後で詳しく見たい記事にはスターをバーっとつけていきます。いちいち記事を詳細に見なくてもスターをつける事が出来るので使いやすいです。

僕の使用法としては、Mr.Readerは興味ある記事にスターをつけるためのアプリという位置づけです。実際にスターをつけた記事をじっくり読むのは以前から使用しているBylineです。

RSSリーダーアプリも使い分ける事によって、より快適にフィードを読む事が出来ると思います。

iPadアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント