青春18切符仙台の旅1日目(東北本線北上編)

先日青春18切符を利用して大阪に行ってきましたが、今回は仙台へ向けて旅立ってきました。東北本線を突っ走る旅です。

今回は仙台駅までの行程について書いていきたいと思います。

この記事は連載記事です。

スポンサーリンク

東北本線をひたすら北へ突っ走る旅

地図上では北(上)に行きますが都心からは離れていくので、上りor下りで言えば下りです。さて、今回の旅は上野駅から記していく事にします。

06:08上野発宇都宮行に乗車。端の席が埋まっているほどの乗車率でした。熱い缶のお茶を買っていたら写真を撮るのを忘れたよ。幸先悪いスタートだよ。

さいたま新都心で空席はなくなり、大宮から沢山の人が乗車。さすが通勤ラッシュ。まだ06:34ですが。

久喜で混雑が若干解消。その後も空席はないまま宇都宮駅へ突入。

宇都宮駅
▲07:44宇都宮駅到着です。

宇都宮駅構内
▲駅構内から外の街並みを撮ってみました。ギョウザの店がどーんと待ち構えていました。

宇都宮線黒磯行
▲続いて08:02発の宇都宮線黒磯行に乗車します。10番線だー!

黒磯駅
▲乗車車両。黒磯駅に到着してから撮影。黒磯駅到着は08:56。

黒磯駅
▲乗換えが45分程(笑)あったので、黒磯駅周辺を散歩しましたよっと。

ヨークベニマル
▲すぐ見えてきたのはヨークマー・・、いや、ヨークベニマルでした(笑)

福島銀行と栃木銀行
▲商店街らしき場所で福島銀行と栃木銀行のコラボ。はて。ここはまだ栃木県ですぞ?

貨物列車
▲駅に戻ります。もうすでに次の電車は入線していました。向かいのホームには貨物列車。

黒磯駅
▲さて、乗車する列車は黒磯駅09:39発郡山行です。

黒磯駅
▲乗車車両。乗車する際はボタンを押してドアを開けます。寒い地域で目にする光景です。これ以降仙台まではずっとドアは自動で開きません。自分で開くボタンを押します。関東や関西の列車と大違いですね。初めてくると戸惑います。

電車車内は
▲車内は綺麗に整っています。雰囲気がありますね。都心にはこんな電車ないなー。


▲10:40に郡山に到着しました。


▲続いて11:06発福島行の電車に乗換えです。


▲車両の外見は先程と同じようです。


▲11:54に福島駅に到着しました。次の電車は12:00にあるのですが、白石止まりなのと休憩したくなったので、一回外へ出ます。


▲電車から降りる時に盛大にこけました。段差注意です。周りの方すみませんでした。

喫茶店を探しましたが、適切な場所がなかった(12:00直前になりようやくスタバを見つけた)のでオロナミンCで代用。上戸彩さまさま。


▲福島駅を外からみた様子。快晴でした。


▲戻って参りました。福島駅13:00発快速シティラビット5号仙台行きです。かっこいい名前がついていますが、単に快速列車なので18切符だけで乗車できます。これで仙台までひとっ飛び。


▲終点仙台には14:13着でした。仙台初上陸。

移動記録まとめ

上野駅発06:08
宇都宮駅着 07:44

宇都宮駅発 08:02
黒磯駅着 08:56

黒磯駅発09:39
郡山駅着 10:40

郡山駅発 11:06
福島駅着 11:54

福島駅発 13:00
仙台駅着 14:13

まとめ

大阪よりは所要時間が短かったので近い気がしました。電車のドアの開け閉めは自分で押さなければならないので注意が必要です。

仙台までの途中駅で休憩するとしたら、福島駅が時間的にも施設的にも便利だと思いました。


宿泊施設の検索はこちらからどうぞ

関連記事

大阪編(全5編)はこちらから
青春18切符で東京から大阪へ~東海道線を突っ走る旅(1日目)

岡山・香川編は(全5編)こちらから
青春18切符で東京から京都~大阪~岡山へ突っ走る東海道線の旅

旅行
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント