MyEditorの履歴機能を利用してブログの関連記事をまとめて作成する方法

当ブログの最後には他の記事も見てもらえるように、自分で関連記事をチョイスしています。

FC2ブログでは、自動で関連記事を表示出来る設定もありますが、自分で記事を選んだ方がより読者へ適切な記事を選別できると思っているので、手動で選択しています。

毎回手動で行うからこそ、作業効率化が求められます。とても面倒なら関連記事を手動では作らないでしょう。

今回は、iPhoneで下書きをする際、MyEditorを利用して、少ない労力で関連記事をまとめて作成する方法を紹介したいと思います。ポイントはMyEditorの履歴機能です。

スポンサーリンク

大まかな流れ

僕がいつもMyEditorを利用して関連記事をまとめて作成する流れを示しておきます。

  1. MyEditorを起動し、適当な文字列(例えば「あ」)をコピー
  2. Quickaを使って関連記事に貼りたい自分のブログページを開く
  3. 作成したブックマークレットを起動
  4. 出てきた文字列をコピー
  5. 2,3,4の作業を繰り返す
  6. MyEditorに戻って、履歴からコピーした文字列をMyEditor内にペースト
  7. 全文字列をお好きなエディタに移動(僕の場合はDraftPadやRowlineやするぷろ)

実際の挙動を動画で紹介

▼動画で流れを紹介します。動画だとイメージが湧くと思います。

事前準備

ShareHtmlの準備

まずはShareHtmlを準備します。@hiro45jpさんが作られたShareHtmlは当ブログでも紹介しています。以下の記事のようにiPhoneのSafariにブックマークレットを登録しておきます。

記事紹介のリンクをサムネイル付きで表示出来るShareHtml
ブログを書いていると、他のサイトを紹介したい場面が出てきます。そんなときにShareHtmlを利用すると、リンク先の全体像をサムネイルとして以下のように紹介することが出来ます。画像付きなので分かりやすいですね。僕もブログの中で利用しています...

指定したサムネイル画像を表示したい場合は、以下の記事のようにSafariにブックマークレットを登録しておきます。僕はこちらの方法を使用しています。

ShareHtmlで指定した画像をサムネイルにする方法
先日、ShareHtmlの基本的な使い方を紹介しました。今回はその応用編です。他の方のブログの記事を紹介する時には前回紹介した方法であまり問題は無いのですが、自分のブログを記事で紹介する時に以下の様にどれも同じサムネイルとなってしまって記事...

Quickaの設定

自分のブログだけを簡単に検索出来るようにしておきましょう。自分のブログを検索する方法は以下の記事で紹介しています。

関連記事を参照する際に!Quickaで自分のブログを検索する方法
自分の書いた記事をGoogle検索する際は、「site:自分のブログのアドレス」を利用しています。 どういう時に利用するかというと、自分でブログを書いていて、関連記事のリンクを貼る際や、ブログに書いたけれどもやり方を忘れてしまったとき...

本題

さて本題です。動画で行っている操作手順を番号順に紹介していきます。

①MyEditorを起動し、適当な文字列(例えば「あ」)をコピー


▲MyEditorを起動すると、バックグラウンドで10分間クリップボード監視機能が続き、コピーしたものがMyEditor内に残ります。

①の作業は、コピーの開始地点を単に自分で明確にするためのものです。この作業はとばしてもいいですが、分かりやすさのために僕はいつもこの手順を行っています。

②Quickaを使って関連記事に貼りたい自分のブログページを開く


▲先ほど設定したQuickaを起動し、自分のブログ内で関連記事を検索し、該当ページを開きます。

③作成したブックマークレットを起動


▲ここで作成したブックマークレットを起動します。すると、ポップアップが出てくるので、僕はサムネイル用URLを入力しています。(通常のShareHtmlなら空白のままでOKで良い)

④出力された文字列をコピー


▲ポップアップをコピーすることで、MyEditorの履歴にコピーがストックされます。

⑤2,3,4の作業を繰り返す


▲コピーするたびにMyEditorの履歴にコピーしたものがどんどんストックされていきます。

⑥MyEditorに戻って、履歴からコピーした文字列をMyEditor内にペースト


▲ここで①の作業を行っている恩恵が受けられます。「あ」の上3つが今コピーしてきた関連記事のhtmlタグです。

「あ」のすぐ上のhtmlタグをコピーした回数分だけタップします。(虫眼鏡タップ→「あ」のすぐ上タップ→虫眼鏡タップ→「あ」のすぐ上タップ→虫眼鏡タップ→「あ」のすぐ上タップ)

こうすると、コピーした順に貼付ける事が出来ます。

仕組みとしては、タップするたびに、タップした文字列が履歴の一番上にいくようになっています。

⑦全文字列をお好きなエディタに移動(僕の場合はDraftPadやRowlineやするぷろ)


▲こうして自分の使用しているブログエディタに貼付けてプレビューで見てみると、しっかりと表示されています。

まとめ

最初の準備&設定が面倒臭いですが、一度設定を済ましてしまえば強烈に速く関連記事を生成することが出来ます。紹介動画でも3分かかっていません。

関連記事を自分で設定するのは読者にとってもブロガーにとっても有益だと思います。

関連記事

ブログでアプリ名のミスを修正するのにMyEditorの置換機能が大いに役立った!
追記 2018年3月10日 現在、MyEditorの販売は終了しています。 ブログではiPhoneアプリを紹介することが多いので、必然的にアプリ名を入力することが多いものです。前回は日本語入力支援アプリのAT...
行の入れ替えが出来るRowlineはモブログ必携アプリ!
追記 2018年3月9日 現在、RowLineの販売は終了しています。 最近はブログ記事をiPhoneで下書きする事も多くなってきました。コレはiPhoneでもブログの下書きを行えるアプリがそろっている事がい...
2013年5月版現在使用しているブログ用iPhoneアプリ13個
前回、2013年5月版現在使用している主力iPhoneアプリ26個(ブログ用を除く)という記事を書きました。読者として想定しているのは、iPhoneユーザーでした。今回は、前回の記事で宣言した通り、現在使用しているブログのためのiPhone...
ブログ用アプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント