水を取りすぎてもいけないというお話

私は普段から外出先でミネラルウォーターを買って飲むのですが、最近友達からある話を聞きました。

「水って取りすぎると死ぬんだってよ」


私「!!」

普段から水を好んで飲む私にとって興味深い話でした。

そこで調べてみると、
水分を取りすぎると、水中毒になるということが分かりました。
普通は細胞の中には水が入らないのですが、過剰な水分のせいで細胞が水で膨張して、
低ナトリウム決勝を引き起こしてしまうそうです。

腎臓の利尿速度 が16ml/分とのことなので、これを上回って
長時間我慢して水を飲み続けていると水中毒になってしまいます。

ただ普通に飲む分には問題ないと思います。
頭の片隅に残しておくといい情報だと思います。

スポンサーリンク

関連記事

晴れときどきクリスタルガイザー 35円
間違って一万円チャージしてしまって気づいたSuica支払いの便利さ

未分類
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント