Apple Wireless Keyboard(JIS)を使用してみて、気になったことをまとめてみた

純正Apple Wireless Keyboardを購入した記事や、iPhoneとのBluetoothの接続の仕方を書いてきましたが、今回は、しばらくApple Wireless Keyboard(JIS)を使ってみて、良い点&気になった点を含めてまとめてみました。

Apple Wireless Keyboardの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

良い点&気になった点を列挙

まず全体像を把握するために、箇条書きで良い点&気になった点を列挙してみます。

良い点は

  • エディタアプリのDraftPad、Rowline、するぷろでTextExpanderが利用できる
  • 表示領域が倍
  • ショートカットキー(コピー、カット、ペースト、全選択)が利用できる
  • 右上のキーを押すと、iPhoneのフリック入力に切り替えられる
  • 単三電池を利用できる。また、充電池も使用可能

続いて、気になった点を挙げていくと、

  • ショートカットキー(fn+delete)が無効
  • 打鍵音はMacBookAirの方が良いが、Apple Wireless Keyboardでも十分

という感じです。

では、具体的に書いて行こうと思います。

僕はiPhoneでブログを書くためにApple Wireless Keyboardを購入しました。つまり、基本的な使用場面は、ブログエディタアプリです。

そのため、文字入力補助アプリのTextExpanderが使えることは重要なポイントでした。


▲続いて表示領域です。入力はキーボードから行うので、フリック入力画面は必要ありません。そのため、iPhoneの大きさ目一杯を編集画面に利用出来ます。


▲ショートカットキーもある程度利用できるので、不満はほとんどありません。しかし、ファンクションキーが無効なのが残念なところです。fn+deleteでカーソルの右側一文字を消去するのが無効でした。


▲Apple Wireless Keyboardの右上のキーを押すことで、フリック入力に切り替えられるのも便利です。Bluetoothキーボードで入力しつつ、iPhoneの方でも適宜入力できます。

Apple Wireless Keyboardは、単三電池を動力源としています。また、充電池も使用可能だったので、充電池で有名なeneloopを利用できます。eneloopは沢山所持しているので、電源確保には困りません。

キーボードの打鍵音に関してですが、MacBookAirと比較してしまうと、若干音と押し心地に関して劣ってしまいますが、Apple Wireless Keyboardでも十分快適だと思いました。

Mac持ちの方はその点だけ注意した方がいいと思います。

以上、Apple Wireless Keyboard(JIS)の良い点&気になった点のまとめでした。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
アップル
¥ 11,800(2018/10/02 18:51時点)
iPhone
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント