容量が大きなデータはDropboxに入れておけば容量不足が防げる。

iPhoneやiPadの16GBでも容量にあまり困らないようにするには、Dropboxというアプリにデータを預けておけばいいんです。これは便利ですね。汎用性が高い。

いろんなアプリからDropboxにデータを送れる点もいいです。下のリンクからDropboxを登録、インストールすると登録者、紹介者それぞれに250MBのボーナス容量が手に入ります。よければ登録してください。お願いします。

Dropboxを登録

Dropboxと併用がオススメ!無料で15GBの容量がもらえるCopyを試してみた!
クラウドサービスが充実している中、新たにCopyというサービスがあったので、登録してみました。何と無料アカウントで15GBから始められます。Dropboxの無料アカウントが最初は2GBなので、容量の面では圧倒的にCopyが優っています。あと...
Dropboxでのログインを2段階認証にする方法!
クラウドサービスの代表格であるDropboxがセキュリティ対策として、2段階認証プロセスを導入しました。設定をすると、通常の認証プロセス、つまりアカウントとパスワードで認証するのに加え、モバイルを用いたもう1段階の認証を行え、不正アクセスさ...
Dropboxの招待で初めて500MB容量が増えました。
クラウドサービスでEvernoteに並んで有名なのがDropboxです。 僕はiPhoneやiPad、そしてMacにもインストールしています。 テキストや画像をiPhoneからMacに受け渡す時に利用しています。 Ever...
Dropboxの同期速度を向上させる方法
写真・書類の受け渡しの際に大活躍しているDropboxですが、大きいデータだとなかなか同期が進まないときがあると思います。 そんなときは、設定を見直せば、改善の余地があるかもしれません。 その設定方法について、紹介していきます。...
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント