Macのターミナルを使ってjpg、png形式からeps形式へ変換する方法

TeXで図を入れる時には「eps形式」が必要になってきます。

元々の図はjpg形式です。

そこで、jpg形式の画像をeps形式へ変換する方法を調べてみました。

参考:Macでepsファイルを作るには? | 凝縮収斂

スポンサーリンク

Macでjpg形式からeps形式へ変換する方法

mac-jpg-eps
▲説明を簡単にするため、変換したいjpg形式の画像をデスクトップにおいておきます。

mac-jpg-eps-terminal
▲続いて、Macのターミナルを起動します。Macに最初から入っています。

mac-jpg-eps-terminal
▲起動したら上記画面になっていると思います。

mac-jpg-eps-terminal
▲cd desktopと入力してEnterを押します。

mac-jpg-eps-terminal
▲desktopに階層を移動しました。

mac-jpg-eps-terminal
▲% convert iphone.jpg iphone.eps
と入力してEnterを押します。(最初の%は入力する必要ありません。)

mac-jpg-eps-terminal
▲すると、デスクトップには「iphone.eps」ファイルが作成されています。

mac-jpg-eps-terminal
▲ただ、注意しなければいけないのがファイルサイズです。この方法で作成したepsファイルは容量が何十倍にもなります。今回の例では20KB→246KBとなり、約20倍となりました。

変換する前のファイルサイズが大きいと、ファイル容量の増え方も大きくなります。eps形式へ変換後、10MBの容量になったケースもありました。

png形式からeps形式への変換も同様に可能

png形式をeps形式へ変換するのもjpg同様に可能でした。

入力するコマンドは、
% convert iphone.png iphone.eps
です。

まとめ

Macのターミナルからjpg形式やpng形式の画像をeps形式へ変換できるので手軽ですが、ファイルサイズには注意が必要です。

TeX
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント