iPhoneのGoodReaderにDropbox内のフォルダを同期させる方法

iPhoneやiPad、Macからpdfを見られるように、書類関連は基本的にクラウドサービスのDropboxに保存しています。

pdfを閲覧するだけならばDropboxで十分なのですが、編集機能はありません。

ただ、GoodReaderを利用すれば、Dropbox内のフォルダをGoodReaderに同期させる事が出来ます。

GoodReader内で編集したものは、Dropbox内に反映できます。というわけで、MacやiPhoneから同じ資料を編集する事が出来ます。

その具体的な手順を紹介します。

スポンサーリンク

GoodReaderにDropbox内のフォルダを同期させる方法

goodreader-dropbox
▲GoodReaderのConnectを選択し(左)、右上のAddを選択します(右)。

goodreader-dropbox
▲続いて、Dropboxを選択し(左)、適当にフォルダ名をつけた後、Addを選択します(右)。

goodreader-dropbox
▲その後、今作成した「大学用」をタップすると(左)、Dropboxの認証画面になるのでログインします(右)。

goodreader-dropbox
▲そして、同期したいDropboxのフォルダを選択し、左下のSyncを選択します(左)。そして、Proceed(続ける)をタップします(右)。

goodreader-dropbox
▲そして、フォルダを作成したい階層を選択します。今回はこの場所でいいので、「Download here & Synchronize」を選択しました(左)。そして、Syncをタップします(右)。

goodreader-dropbox
▲すると、同期が始まります(左)。同期が終了すると、同期フォルダがGoodReader内に作成されました(右)。

同期タイミングは手動

同期フォルダを作成した際には、今あるDropboxの内容が反映されています。

ただし、Dropbox側で新たなファイルやフォルダを作成した場合、GoodReader側で反映させるには、一手間同期作業を行う必要があります。

goodreader-dropbox
▲先ほどのConnectを選択してから(左)、右下の同期ボタンを選択します(右)。これで同期できます。

まとめ

Dropboxアプリだと、単に閲覧するだけですが、GoodReaderを介することで、Dropbox内のファイルをGoodReaderから編集する事が可能になります。この点において、GoodReaderが大変便利です。

GoodReader
価格: ¥600
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント