流星群の方角を知るのにiPhoneのコンパスを使ってみた!

10月20日の午後10時頃から明け方
10月21日の午後10時頃から明け方
までオリオン座流星群が極大を迎えるそうで、昨晩眺めてみました。晴れてはいたものの、実際に流れ星を見ることは出来ませんでした。

空を眺めている最中に、これ方角が間違っているんじゃないかと不安になり、方角を確かめようとした時、MAPで一度見てみました。東の方角は合っていると一応は納得しましたが、もっと確実に方角が確かめられるアプリがiPhoneには備わっているのを思い出しました。

方角を確認することができるデフォルトアプリの「コンパス」でした。

iPhoneを購入してから一度も使ったことがない方が多いと思うので、どんなものかを紹介したいと思います。

僕も起動したのは初めてだったような・・・

スポンサーリンク

まずはコンパスアプリを探すことからだ

僕は使用頻度の少ないデフォルトアプリでフォルダにまとめておいたので、すぐに見つけることが出来ました。すぐに見つけることが出来てよかった~
Compus 1210211332

そして、起動。

コンパスを起動すると、ご覧のように方角と角度が出てきます。色々動かすと方角の数値が変化します。
Compus 1210211333

北東・南東・南西・北西などの表示も自動で切り替わります。下には、北緯、東経も表示されます。
Compus 1210211334

方向を変えるとすぐに方角を出してくれるので便利です。直感的に使えるので、これで方角を間違えることはありませんね。

東の方角は結局の所、あっていた訳ですが、流星群を観測することは出来ませんでした。

といっても、それほど長く空を見上げていた訳ではなく、20分程でしたので、1時間に10から20見えると言われている流星群に出会わなくても不思議ではないですね。

今晩も同じように極大を迎えるようですから、もう一度流星群観測に少しだけチャレンジしようと思います。

昨晩観測出来なかった方は、今晩観測出来ると良いですね。

方角もiPhoneのコンパスがあれば間違うことはありません。不慣れな土地で観測する方は利用してみてください。

iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント