CamScannerを使って視認性抜群の手書き文字画像を作成する方法

自分が紙に書いて解いた問題を友達に送ろうとした際に、iPhoneで撮影してメールで送る(もしくはLINEとかTwitterとか)という手段があります。

これに一手間加える事で、通常の写真よりもぐっと視認性がよくなるアプリがあります。そのアプリとは、CamScannerです。

このアプリの売りは、iPhone用のスキャナアプリです。

このアプリはスキャナ目的だけにとどまらず、単体の紙の撮影用にも持ってこいです。

CamScannerの視認性の効果を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

CamScannerの基本的な使い方の流れ

CamScannerを使って視認性が抜群の画像を作成する大まかな流れは以下のようになります。

  1. 目的の画像を撮影するorアルバムから選択する
  2. トリミング範囲を指定
  3. 完了を押す
  4. 見やすい画像が出来上がり
  5. 出来た画像をカメラロールに保存する

そんなに手間はかからないと思います。

それでは順番に紹介していきます。

CamScannerを使って視認性抜群の手書き文字画像を作成する方法

CamScanner+
▲目的の画像を撮影するorアルバムから選択します。目的の画像は先にiPhoneのカメラで撮影してしまった方が良いと思います(左)。

そして、トリミング範囲を指定します。このトリミング範囲も自動で最初に選択されています。中々精度がいいので、斜めに撮影されている画像でも、平面にうまく変換できます。

そして、チェックをタップすると(右)、

CamScanner+
▲視認性抜群の画像が作成できました。左図のマークをタップすれば、輝度の調節を行えます。気になるようでしたら微調整してください(左)。

納得いくコントラストになったら、再びチェックをタップします(右)。

CamScanner+
▲これをカメラロールに保存するために右下のマークをタップし(左)、「アルバムへ保存」をタップします。これでカメラロールに保存できました(右)。

CamScanner+
▲比較写真です。コントラストがある分、CamScannerで加工した右の画像の方が視認性がいいと思います。

まとめ

CamScannerは無料のアプリになっています。今までは有料アプリでしたが、今では無料で一応使用できるようです。

無料版だと、作成した画像の右下にCamScannerの透かし文字が入ります。(今回紹介したように、作成した画像をカメラロールに保存する場合は透かしは入りませんでした。)気になる人は有料版を購入しましょう。

手書き文字をはっきりとさせたい時には、CamScannerがワンポイント登板しています。

iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント