IFTTTを使ってiPhoneのスクリーンショットを自動でDropboxに保存する方法

IFTTTというiPhoneアプリが、iPhoneのスクリーンショットをDropboxに自動で保存出来るようなので、試してみました。

なぜ保存したいかというと、ブログを書く時のスクリーンショットを保存したかったからです。

Web版にもIFTTTサービスがありますが、iPhone版のみの特徴として、

  • カメラロール
  • 連絡先
  • リマインダー

との連携があります。カメラロールにあるうち、スクリーンショットのみとの連携も可能でした。

その手順をまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

IFTTTを使ってiPhoneで撮影したスクリーンショットを自動でDropboxに保存する方法


▲IFTTTを起動したら、小鉢をタップして(左)、メガネをタップします。(右)


▲するとよく使われている色んなレシピが表示されるので(左)、20個ほどスクロールした所にある「Add my iPhone screenshots to Dropbox」をタップします。(右)たぶんこれは人気のレシピなのでいつでもあると思います。


▲そして「Use Recipe」をタップすると(左)、レシピが新たに加わりました。

ここで実際にスクリーンショットがDropboxに保存されるか試してみます。


▲DropboxのIFTTT>iOS Photos>


▲Screenshots>と進むと、スクリーンショットがあると思います。これでバックアップ体制は整いました。

Background同期設定について

IFTTTは、設定から同期のタイミングを設定する事が出来ます。この辺はちょっとややこしいかもしれません。まずはBackgroud同期を設定出来る画面に移ってみます。


▲左上の歯車マークをタップし(左)、Sync Options を選択します。


▲すると、Sync Options と書かれた画面に移ります。

ここでオンオフできるのは、

  • Background Sync(バックグラウンドで起動している時に同期するか)
  • Use Cellular Data(3G通信を利用して同期するか)

です。僕はどのような設定にしたかというと、どちらもオフにしました。

どのような状態でスクリーンショットがDropboxに保存されるかというと、

  • Wi-Fi通信でIFTTTを起動したとき

です。これじゃあ自動できていない!と思われるかもしれません。しかし、僕はあまり気にしません。1週間に1回程度、IFTTTを起動してスクリーンショットをバックアップすればいいかなと思います。Dueで1週間に1回、IFTTTを登録しておきました。IFTTTのURLスキームは、ifttt:です。

オンにすると、どうしても電池を無駄に消費すると思います。どちらかお好きな方を選びましょう。

Dropboxの保存先フォルダとかを指定できる


▲先ほどのレシピをタップして(左)、Edit Recipeをタップすると、


▲File URL、File name、Dropbox folder path を任意のものに変更できるようです。

しかし、僕はデフォルトのままにしています。そのままで十分です。

アレンジしたい時だけ変更すればいいと思います。とりあえず、変更できるよ、ということで。

iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント

  1. IFTTT アプリ より:

    操作を説明してくれてありがとう!