iPhoneアプリ

iPhoneのアウトラインアプリ「Outliner」の基本的な使い方

以前に、Macアプリでアウトラインアプリの「Tree」を紹介しました。

iPhoneでもアウトラインを使いたかったのでいくつか無料アプリを試したところ、しっくりときませんでした。

iPhoneアプリのアウトライナーアプリを探す時の条件はTreeと同期出来ることでした。

有料アプリの「Outliner」を使ってみたところ、これはしっくりきます。

今回は、まず、iPhoneアプリの「Outliner」単体での使い方・基本操作について紹介しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneのアウトラインアプリOutlinerの基本的な使い方

outliner

▲iPhoneのOutlinerアプリを起動したら、新規作成は左下のプラスマークから行います(左)。そして、ファイル名を入力し、(右)

outliner

▲ストレージはここではDropboxに設定しておきます。(今後Macと同期するので。)

outliner

▲新規作成出来たファイルをタップして、アウトラインを書いていきます(左)。新規項目を追加したいので、下の矢印とプラスマークをタップします(右)。

outliner

▲すると、項目を入力出来るようになります。下の階層へ行きたい時には改行をタップします(左)。すると、階層が下に追加されます(右)。

outliner

▲続いて、インデントを下げたい時には、空白をタップします(左)。すると、インデントがつきました。これがアウトラインの生命線です。空白でインデントがつくところが直感的で良い!

outliner

▲最後に、インデントを上げる場合には、×マークをタップします(左)。すると、インデントが上がります。これでどんどんアウトラインを作成していけますね(右)。

まとめ

いくつかアウトライン用の無料iPhoneアプリを試してみましたが、イマイチしっくり来ませんでした

そこで有料のアプリ「Outliner」に手を出してみたのですが、これが正解。

インデントの上げ下げが、バックスペースと空白に対応している所が、iPhoneで使う時に大変便利でした。

iPhoneのアウトライン作成アプリをお探しでしたら、Outlinerはおすすめですね。

ちなみに、このOutlinerアプリは、Macのアウトラインアプリ「Tree」で作成したアウトラインも、Dropboxでデータを同期する事で可能になります。

この同期の方法は、次回の記事で書こうと思います。

まずは今回、iPhoneのアウトラインアプリの「Outliner」の基本的な使い方についての紹介記事でした。

Outliner
価格: ¥600
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. tenkijp

    iPhoneアプリ

    バッジで降水確率を確認できる便利なアプリ tenki.jp

    普段意外と天気を確認している人は少ないのではないのでしょうか。出かける…

  2. iPhoneアプリ

    iPhoneのTwitterアプリ「Janetter」と「Tweetbot」の比較

    先日、リストのスワイプ切替が出来るiPhone用Twitterアプリ「…

  3. 15秒 - 動画カメラ

    iPhoneアプリ

    15秒動画カメラで30分→15秒に圧縮した雲の動画が実に面白い!

    iPhoneでの動画の撮影には基本的にデフォルトのカメラアプリを利用し…

  4. 関数電卓

    iPhoneアプリ

    iPhone純正アプリの電卓に関数電卓が備わっていた!

    理系の大学生として生活していると、実験などでの値の計算のためにパソコン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. smartnews

    iPhoneアプリ

    SmartNewsとGunosyアプリ徹底比較2014年8月版
  2. 駅すぱあと

    旅行

    仙台駅から上野駅まで青春18切符で行く場合、新幹線ワープの費用対効果を検討してみ…
  3. iOS7

    iOS 7で通知バナーを直ぐに消したい時は上へスワイプ
  4. セリアのタッチペン

    iPhone

    100円ショップセリアでタッチペンも買える!
  5. iPhone

    iPhoneのSafariで見ているページタイトルとURLをTweetbotでつ…
PAGE TOP