TeXShopの設定「キーバインド」をオンにすると上付き文字&下付き文字が格段に入力しやすくなる

MacでTeXを利用する際の一口メモ。

TeXでレポートを書く際に、エディタとしてTeXShopを利用しています。

TeXは数式を綺麗に表現できる一方、入力コマンドは圧倒的に多くなります。

上付き文字や下付き文字を入力するだけでも一苦労です。

しかし、TeXShopの設定項目にある「キーバインド」のチェックを入れれば、だいぶ手間が省けるようになる事がわかりました。

スポンサーリンク

TeXでの上付き文字、下付き文字の入力を楽にする方法

texshop
▲TeXShopを起動している状態で、画面上部のメニューバーから、「TeXShop」→「環境設定」と進みます。

texshop
▲そして、「書類」→「エディタ」の中の「キーバインド」の項目のチェックを入れます。

実際の挙動

それでは、実際にどのように書けるかを、以下に示します。

上付き文字(a^3)を入力する

texshop
▲aの後にカーソルがある状態で、ハット「^」を入力すると、

texshop
▲自動で「^{}」が入力されて、カーソルが「{」と「}」の間に入ります。あとはこの状態で「3」を押せば終わりです。

texshop
▲楽!

上付き文字のプレビュー

texshop
▲a^3です。

下付き文字(a_0)を入力する

texshop
▲aの後にカーソルがある状態で、アンダーバー「_」を入力すると、

texshop
▲自動で「_{}」が入力されて、カーソルが「{」と「}」の間に入ります。あとはこの状態で「0」を押せば終わりです。

texshop
▲楽楽!

下付き文字のプレビュー

以上のように入力した結果、プレビューは以下のようになります。

texshop
▲紛れもない「a_0」です。

まとめ

MacでTeXShopを利用しているならば、「キーバインド」はチェックしておきたい設定項目の1つと言えます。

TeX
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント