iPhone 5sでもiPhoneの2chブラウザ「GraffitiPot」を使用できた

2chブラウザのGraffitiPotは、2013年3月頃にApp Storeでの公開が終了しました。現在は購入する事が出来ません。

iPhone 4sを利用していた時にはGraffitiPotをインストールしていたので使用できたのですが、機種変更してiPhone 5sにした際には、インストールできないものだと思っていました。

しかし、iPhone 5sにもGraffitiPotをインストールできました。盲点でしたので、その手順を紹介します。

スポンサーリンク

1度GraffitiPotを購入しているならば、恐らくインストール可能

iPhone 5sでもGraffitiPotをインストールするには、一度購入している必要があります。

例えば、iPhone 4sで利用していた人は条件にあてはまります。それでは実際にGraffitiPotアプリをインストールする手順を紹介します。

graffitipot
▲App Storeアプリのアップデート欄上部にある「購入済み」をタップし(左)、「このiPhone上にない」をタップして全体を探すと、ありました。驚きました(右)。

graffitipot
▲GraffitiPotを利用できました。

まとめ

App Storeに販売していないからといって、インストールできない訳ではないんですね。裏?ルート「購入済み」アプリから探す事が出来ます。

販売停止になって諦めていたアプリがあれば、探してみる価値はあるでしょう。

現在の所、GraffitiPotを除いた2chブラウザアプリとしては、無料ではBB2C、2tch、有料ではTwinkleなどがあります。

一番GraffitiPotが使いやすいとは思いますが…

BB2C
価格: 無料

2tch
価格: 無料

twinkle
価格: ¥360
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント