iOS 7でiPhoneを探す機能オフ時にもパスワードが必要になった事による利点

iOS 7では、iPhoneを探す機能、iPadを探す機能をオフにする場合にもApple IDのパスワードを入力する必要があります。

これにより、もしiPhoneやiPadを紛失しても多少安心できる材料が出来ました。

今回はその理由とiPadを探す機能をオフにする時にどうなるか、を紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneを探す/iPadを探す機能をオフにする方法

iPhoneを探す/iPadを探す機能をオフにする方法を以下に記します。

Skitched 20130924 214533
▲設定>iCloud>iPadを探すをオフにします。

Skitched 20130924 213517
▲すると、Apple IDのパスワードを入力させられます。正しく入力すると、

Skitched 20130924 213615
▲iPhoneを探す/iPadを探す機能をオフにする事が出来ます。

iPhoneを探す機能をオフにするためにパスワードが必要になった事による利点

iOS 7の新機能として、iPhoneを探す/iPadを探す機能をオフにするために、パスワードを入力しなければならなくなった機能があります。

これは、iPhoneやiPadを紛失した場合に、多少安心できる材料が増えたと言えます。その理由は以下の通りです。

  • 拾得した人物がiPhoneやiPadを利用しようとすると、電波を拾って場所が特定される。
  • 拾得した人物は、電波をキャッチされないように電源を切ったり機内モードにすることは出来るが、それだとiPhone/iPadがただの文鎮やゲーム機と化す。
  • 紛失したiPhone/iPadのデータが消去された後、他人が再アクティベートしようとしても、Apple IDとパスワードが必要
  • もし端末が戻ってきたら、自分のApple IDとパスワードを入力すれば、再アクティベートできる

「iPhoneを探す」アプリから遠隔操作でデータを消去した場合でも、自分の端末の情報が残っているという事です。これは少し安心です。

もしも端末を紛失してしまっても、拾得した人物がそのiPhoneを悪用して利用する事は、難しい事のように思います。少なくとも以前は難しくなっていると言えます。

紛失した端末を探す時には、「iPhoneを探す」アプリを利用します。

iPhoneを探す
価格: 無料

まとめ

まとめとしては、iPhoneを探す/iPadを探す機能をオンにしておこう!ということです。

iPhoneを探す機能を確認してみた記事に関しては、以下の記事をご覧ください。

内容は、iOS 6のときのものです。

iOS7
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント