Gunosyの気になった記事をメール機能を使ってPocketに送る方法

Gunosyは毎日決まった時間に25記事の情報を届けてくれるサービスです。毎日読んでいます。

さて、気になった記事をあとで読むサービスの「Pocket」に送信する際に、一々URLをコピーして、Pocketを起動して追加していました。

ただ、GunosyとPocketの間を移動するので、少し手間でした。今回は、メール機能を使ってGunosyの記事をPocketへ送る方法を紹介しようと思います。

スポンサーリンク

メールでPocketへ記事を送る事ができる

登録したメールアドレスからPocket用のアドレスに送信された記事は、自動でPocketに追加されます。

この機能を使ってみます。

まずは自分のメールアドレスを登録しましょう。iPhoneアプリのPocketから行う事が出来ます。


▲Options > Edit Accountを選択し、


▲Pocketへ送信する用のEmailアドレスを入力します。Confirm Emailは同じアドレスを入力します。

実際にGunosyからPocketへ送ってみる

それでは実際にGunosyからPocketに送信できるか確認してみましょう。
▲シェアしたい記事の右上から、「メールで送る」を選択します。


▲続いて、メールの宛先を「add@getpocket.com」とし、差出人の部分に先ほど登録したメールアドレスを入力して送信します。送信後、Pocketアプリを起動して確認してみると、確かに送信した記事がPocketに送信されていました。

どんな時に便利か

メールを使う方法よりは、URLをコピーして、その後にPocketを起動した方が速いこともあると思います。

ただ、この方法が便利だと思ったのは、複数記事を送信したい時です。

複数記事、例えば3記事送りたい時には、URLをコピーする場合、GunosyとPocket間を3往復する必要があります。

ところが今回紹介したメールの機能を利用すると、Gunosyだけで済ませる事が出来ます。

複数記事を送信する時には、Gunosy単体だけで済むので、割とメール送信機能は便利なんじゃないかと思っています。

Gunosyの記事を後でPocketで読みたい時には、メール機能を使おうと思います。皆さんもお試しください。

グノシー エンタメニュース、スポーツニュースはこれ一本

グノシー エンタメニュース、スポーツニュースはこれ一本
価格: 無料
posted with アプリーチ
iPhoneアプリ
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント