大容量充電器だけじゃなく、コンセント型充電器も持っておくと良い

割と今まではiPhoneを充電するための大容量充電器を持ち運んでいれば十分と考えていましたが、最近ではコンセント型充電器も持ち運んでいます。

今回は、コンセント型充電器を一緒に持ち運ぶメリットについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

コンセントがある場所にいる時にはコンセントから充電する方が便利

大学の各教室の机には、ほとんどの席にコンセントが備わっています。なので、コンセント型充電器を持っておけば、授業中にiPhoneの充電をする事が出来ます。

また、喫茶店でも同様です。コンセントがある場所ならば、コンセントからの方が大容量充電器の残量も減りません。使用が許可されているならば、使った方が楽です。

というわけで購入した製品が以下です。イオンで購入しました。


▲AC Charger DX。メーカーはair-Jです。


▲裏面の商品説明


▲コンセントはご覧の様に収納できます。Cubeというだけあって、収納するとキューブになります。ナイスキューブ!


▲ニョキっとしてコンセントにさせば使えるようになります。


▲USB充電器ですので、お手持ちのiPhone用ケーブルを使用すると、iPhoneを充電できます。写真のUSBケーブルは、100円ショップセリアで購入したものです。


コンセントに差し込めば、充電が始まります。

まとめ

コンセントがない場所では大容量充電器を使い、コンセントがある所では、コンセント型充電器を使うようにすれば、大容量充電器の残量の減りが少なくなるでしょう。

大容量充電器のレビューは以下の記事をご覧ください。

気になるAnker Astro 3Eの充電スピードをiPhoneで確かめてみた!
スマートフォンの電池の持ちが気になって大容量充電器の購入を考えているけれども、本当に充電能力があるの?と不安に思っている方もいると思います。 特にAmazonでは定価10000円程の大容量バッテリーが70%近く割引されているため躊躇し...
充電器
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント