iOSアプリのKindleでは既読位置を同期できるのが便利だと感じた

iPad miniを購入して、読者の秋とか言うし、電子書籍でも読んでみるかーと思い、AmazonのKindleストアで三浦しをんさんの作品「格闘する者に○ (新潮文庫) 」を読んでみたのですが、この時に意外、そして便利な事実を発見。

iPad miniは電子書籍を読むのに適したデバイスだと思いますが、iPhoneでも電車の中で読む事はあります。特に立っている時などはiPhoneが勝る気がします。

家ではもちろん大きな(笑)iPad miniで読み進めるのですが、この時にiPhoneで読み進めたところから再開できるのがかなり便利だと思いました。

今回は、KindleアプリのiPhone 、そしてiPad mini (iPadでも可能)の既読位置同期機能について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

自動でポップアップが表示される!

iPhoneで読んでいた本を読もうとすると、以下のようなポップアップが表示されたので、指示に従うと、iPhoneで読んだ部分から読み続けることができました!連携GOOD!

もちろん再びiPhoneで読もうとすると、同じようにポップアップが出てきて、iPad miniで読み進めた部分から再開することができます。

同期機能は通信環境においてのみ!

ただし、既読位置同期機能は、通信できる環境でないとです。

例えば、 iPad miniはWi-Fiモデルなので、モバイルルーターを所持していなければ、iPhoneで読み進めた位置から読書を再開することはできません。

それでも、1冊の本を読むのに、読むデバイスを気にしなくて良いというのは、電子書籍の意外だった便利な強みだと思いました。

今回読んだ作品は、就職活動中の女子大生の可南子の格闘する青春の日々を圧倒的な妄想力で描いている作品で、直木賞作家の小説デビュー作です。清々しく描かれていました。

電子書籍
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント