iPad miniのホームボタンはiPhoneやiPadのよりも直径が0.1cm小さかった

毎日良い意味で持ち運ぶ際にも存在感を消しているiPad miniですが、使用していた当初から何となく感じていたホームボタンの違和感。押した感じが何か心もとない感じがしていました。

iPhoneのホームボタンを押す感覚と、iPad miniのホームボタンを押す感覚が違うのでした。

気になったので、ホームボタンの直径を定規で測った様子を写真に収めてみました。すると、直径が若干違いました。証拠写真をご覧ください。

IMG 4624

iPad miniとiPhone4SとiPad3のホームボタンを接写してみました(笑)

スポンサーリンク

iPad miniのホームボタンはiPadやiPhoneのよりも0.1cm小さかった

以下がiPad miniのホームボタンです。 約1.0cmといったところです。

続いて、 iPad 3のホームボタンです。こちらは、約1.1センチといったところです。 iPad miniよりは、 0.1 cm直径が大きいと言えます。

最後に、 iPhone 4Sのホームボタンです。こちらもiPad 3と一緒で、約1.1センチといったところです。

気になる耐久性

まだiPad miniは発売された直後ですので、使用しすぎて反応しなくなるような事態にはなっていませんが、そのうち反応しなくなってしまうのではないかという不安は若干あります。

iPhoneの方はどうかというと、iPhone4Sを約1年使用してきましたが、現在まだホームボタンは元気です。iPad3の方も元気です。

しかし、iPad miniのホームボタンの小ささと押し心地の心もとなさを考えると今後どうなるか分かりません。

そこで、次回はiPadm miniのホームボタンの酷使をさけるために、ホームボタンを出来るだけ使わないようにする方法を書こうと思います。

iPad mini
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント