モバイルWi-Fiルーター(GL06P)の通信方式を3GかLTEに指定出来るアプリは通信安定のために必須!

先日、モバイルルーターを借りました。

たまたまですが、以下の記事で紹介されていたアプリを見て、『自分の借りたGL06Pに対応しているのかな~』と調べて見た所、アップデートされて対応していました。
[Å] iPhoneホーム画面2ページはどう?あかめ女子の2ページ目アプリ一挙公開! | あかめ女子のwebメモ

このアプリでは、通信方式を3G又はLTEに限定する事ができます。このアプリのおかげで、通信速度が安定したので、紹介しようと思います。アプリのアイコンは激しいですが、かゆい所に手が届く便利なアプリです。

スポンサーリンク

アプリの使い方

このアプリでは、通信方式を3G又はLTEに指定する事ができます。

3Gの電波が弱く、LTEの電波がそこそこの所だと、「主にLTEだけど、時々3Gに切り替わって速度が遅くなる」という事態が発生します。というか発生していました。

本体だけでは通信方式を変更する事ができないので諦めていましたが、先ほどの記事のおかげで、iPhoneアプリから簡単に設定できてしまうことが判明しました。

それではそのアプリの使い方を紹介します。

GL06PStatus – GL06P,GL04P,GL01P を活用するアプリ
価格: 無料

まずはログインして、初期パスワードはadminです。ログインしたら、以下の画面より設定します。


▲Band項目より設定できます。初期設定では自動となっていますが、一方の通信に切り替える事が可能です。WCDMA(3G)かLTEかを選択できるようになっています。僕はLTEにしておきました。変更を完了させる時にはボタンを押して周波数変更を押してください。

他にも確認できる項目があります。それは、

  • 日ごとの通信量
  • モバイルWi-Fiルーターの電池残量

です。


▲下のツールバーからGraphを選択すると、毎日のGL06Pでの通信量が白い線グラフで表示されます。わかりやすいですね。ちなみに、赤い線を超すと通信制限を受けます。

具体的な通信制限内容は、24時間毎の利用通信量が約366MBを超過すると、当日21時から翌日2時まで通信制限を受けるというものです。僕は毎日通信制限を受けています。レンタルでももちろん通信制限を受けます。

この時間に通信制限を受けると言っても、そこまで問題ではありません。自宅のWi-Fiを利用すれば済む話です。

この通信制限のソースは以下に示しておきます。

  • よくあるご質問 | イー・モバイル

まとめ

イーモバイルのモバイルWi-Fiルーター端末のGL06PやGL04Pで通信が安定しなかったら、是非このアプリを使用してみてください。通信を3G/LTEのどちらか一方に絞る事が出来るので、どちらかの電波が微弱な場所では安定した通信を行うのに有効な方法です。

イー・モバイルオンラインストア

GL06PStatus – GL06P,GL04P,GL01P を活用するアプリ
価格: 無料
モバイルWi-Fiルーター
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント