iPhone4Sのケースで定番のパワーサポートのエアージャケットクリアは装着しているのを忘れてしまうほど薄かった!

iPhone4Sを購入して以来、iPhoneケースは300円以下の商品しか装着していませんでした。

100円ショップセリアのTPUケースを長い間装着していました。

ところが最近、ようやく!?、飽きてきたので、iPhone4Sのケースで人気商品である、パワーサポートのエアージャケットセットクリア for iPhone4S/4を購入しました。

人気である理由がわかった気がします。

今回は、エアージャケットの購入レビューを行いたいと思います。ポイントは装着しているのを感じさせないデザインでした。

スポンサーリンク

iPhone4Sのケースで定番のパワーサポートのエアージャケットクリアレビュー


▲こちらが今回購入したパワーサポートのエアージャケットセット クリア for iPhone4S/4です。早速開封します。


▲中には、左から順に、フラッシュガード、超極細繊維クリーナークロス1枚、AFP(アンチフィンガープロテクション)クリスタルフィルム1枚、アンチグレアフィルム1枚、そして本体のクリスタルジャケットが入っています。

エアージャケットを装着

今回はエアージャケットのみを装着します。2枚フィルムが入っていますが、僕は現在ブルーライトカットフィルムを使用しているのでフィルムに用はありません。


▲ケース装着前(背面)


▲ケース装着前(前面)


▲ケース装着後(背面)です。フラッシュガードの黒が目立っていますが、特に装着している印象が無い感じです。


▲ケース装着後(前面)です。ケースを装着しているとは思えないほどの薄さです。


▲iPhone4Sの下部です。


▲iPhone4S上部です。電源ボタンは特に囲まれて保護はされていません。


▲音量調節ボタンと、マナーモード設定部分です。しっかりと保護されています。押しやすさもいい感じです。


▲iPhoneのカメラ部分です。フラッシュガードは、iPhoneカメラ使用時にフラッシュ光を使用した際に写真に映り込む光の反射を軽減する役割があります。デザイン的に気になるようでしたら外す事も可能です。


▲図のフラッシュガードを


▲上に向かって押してあげると取れます。


▲フラッシュガードを外したときの背面はこんな感じになります。フラッシュガードの影響はどうなのでしょうか。フラッシュを使用する場面があまりないので、デザイン重視で決めればいいのではないかと思います。僕はつけておくことにしました。

エアージャケットをiPhoneから取り外すのは一苦労

エアージャケットをiPhoneに装着するのは比較的簡単です。しかし、エアージャケットをiPhoneから取り外すのは一苦労です。一苦労どころではないかもしれません(笑)

ぴったりと装着されているので、外しどころが難しいのです。

コツとしては、iPhoneの右側側面に爪をいれて少し浮かせてみることです。難しいと思います。

まとめ

パワーサポートのエアージャケットセットは定番商品である理由がよくわかりました。iPhoneの外観を失わないクリアな色で、装着しているのを忘れてしまうほど手に馴染むケースでした。

iPhoneケース
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント