授業ノート・プリントはscansnapで整理を実行開始

新学期が始まり、授業に出て、毎回ノートを取るわけですが、家に帰ってから
scansnapでスキャンできるように、ルーズリーフで書いています。

あとは、4色ボールペンで書いています。
なぜかというと、シャーペンに比べて、力を入れなくて済み、スキャンするときにはっきりと映るからです。

 
今回は僕のScanSnapの使用例を紹介したいと思います。


~家に帰ってから~

パソコン開いて、ポチっとスキャン

とりあえずOCRをかけて、Evernoteへ送信をクリック

授業ごとにノートを分別

この作業をすることで、その場からノートをすべてiPhoneから閲覧可能!!

注意点とすれば、

・ルーズリーフには日付欄に今日で言えば120409と書いて、ページ番号をふっておくこと
→データを見た際にいつのかすぐにわかるのが利点です。

・その日の授業ごとに1つのpdfを作り、整理がしやすいようにすること
→1ページごとにpdfとするよりもその日の授業の整理がしやすいです。

・Evernoteにも授業ごとのノートブックを作り、scansnapでEvernoteに送信してから、ノートブックを移動することを忘れない。
→その日にスキャンしたものは一気にEvernoteに送信したほうが楽だと思うので。

その他気づいたことがありましたら、また綴っていこうと思います。

Wantedly People名刺管理&連絡先アプリ

Wantedly Peopleは、名刺をカメラで撮影するだけで一括スキャン出来る名刺管理&連絡先アプリです。名刺管理が面倒だと思っている方におすすめ!

Wantedly People名刺管理&連絡先アプリ

Wantedly People名刺管理&連絡先アプリ
開発元:Wantedly, Inc
価格: 無料
posted withアプリーチ
ScanSnap
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント

  1. 匿名 より:

    面白い記事がいっぱいありますね。
    読者になります。

  2. nasimeya より:

    > 面白い記事がいっぱいありますね。
    > 読者になります。
    ありがとうございます!