ScanSnapのマーカー切り出し機能を使って必要な部分だけクリップしてみた

いつも便利に使っているScanSnapですが、新聞に将棋の観戦記が掲載されているのをつい最近知ったので、ScanSnapで読み取ろうと思いました。

その際、新聞記事をマーカーで囲めばその部分だけ抽出できる機能があるので、試してみました。

まずは必要な部分を蛍光ペンで囲む

IMG_3038

ご覧のように、欲しい部分だけ蛍光ペンで囲みます。そして、ScanSnapでスキャンします。このとき、設定は、カラーにしておきましょう。

スキャンした記事はScanSnapOrganizerからプレビューで見ることができます。
IMG_0522

マーカー切り出しボタンで編集できる

一覧に戻り、切り取りたい記事を選択し、画面上部のツールバーから「マーカー切り出し」を選択すると、マーカー部分の記事だけを切り出すことができます。

IMG_3057

このように記事が切り出せました。
IMG_0520

マーカーで読みたい記事を切り出せる利点

マーカーを引いて、スキャンして思ったことがあります。

それは、

  • ハサミで切り取りにくい形をした記事は、マーカーで記事を囲ってスキャンした方が楽
  • 真四角の記事ならハサミで切った方が楽

ということです。

新聞は記事をうまく組み込んで書かれているので、記事によっては面白い(ハサミで切り取りづらい)形をしたものもあります。

ですので、このような記事こそ、マーカー切り出し機能が本領を発揮する場面だと感じました。マーカーのフットワークの速さが勝ります。

逆に、真四角の記事は、マーカーを引くまでもないと正直感じました。

手間が少ない方をうまく選んでScanSnapで記事をクリッピングしていきたいと思います。

ScanSnap
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント