Androidアプリの自動アップデート(更新)をしないようにする設定方法

GooglePlayでインストールしたアプリは、最初の設定のままだと、アップデートがあると自動で更新されてしまいます。

アップデートは基本的に改善されているものですが、中にはアップデートしたくない時もあります。

例えば、大幅な機能変更の時です。

自分でアップデート内容を確認してからアップデートしたいものです。

そこで、Androidアプリの自動アップデートをしないように設定したのでその方法を紹介します。

スポンサーリンク

Androidアプリの自動アップデートを防ぐ方法

Androidアプリの自動アップッデートを防ぐ設定はGooglePlayの設定から行います。

Androidアプリ-自動更新
▲GooglePlayストアを開き、左上の「Playストア」をタップします(左)。そして、設定をタップします(右)。

Androidアプリ-自動更新
▲アプリの自動更新をタップし(左)、「アプリを自動更新しない」にチェックを入れます(右)。

これでAndroidアプリの自動アップデートを防ぐことができます。

ちなみに、アップデートできるアプリとその内容は、以下のように確認できます。

androidアプリ 自動アップデート
▲GooglePlayストアアプリを開き、左上の「Playストア」をタップし(左)、マイアプリをタップします(右)。

androidアプリ 自動アップデート
▲すると、アップデート可能なアプリが表示されています。アプリをタップして最新情報を確認してからの更新(アップデート)が可能です。

Android
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント