iOS6で利用できる機能が国別にAppleから発表!

Appleの発表ではiOS6の新機能の公開もありましたが、日本ですべての機能を使える訳ではないようです。どの機能が使えるか、以下のAppleのサイトで公開されています。日本では建物の3D表示やSiriでのレストランレビューなど一部制限を受けています。
アップル – iOS 6で利用できる機能

スポンサーリンク

日本でのiOS6制限一覧

マップ ○ or ×
標準
航空写真
道順
ルート案内機能
建物の3D表示 ×
渋滞状況 ×
ローカル検索
ビジネスレビュー&写真 ×
Siri ○ or ×
スポーツ
Twitterの統合
Facebookの統合
ローカル検索 ×
レストランのレビュー ×
レストランの予約 ×
映画情報
映画のレビュー ×
上映時間 ×
iTunes Store ○ or ×
ミュージック
映画
テレビ番組 ×
音声入力 ○ or ×
音声入力
Apple Store ○ or ×
アプリケーション
ゲーム

こうして見ると、マップの機能やSiriの機能の一部に制限がかかっています。一方、米国ではすべての機能が使え、建物の3D表示に限って言えば、米国のみ利用できます。日本は他の国に比べ、これでも制限は緩い方です。先行発売する国は比較的制限が緩いことが窺えます。

9月19日公開のiOS6の注目点を挙げれば、SiriのTwitter統合、Facebook統合でしょうか。

関連記事
iPad miniをiOS 7.0にアップデート完了!未対応アプリもあるので注意。

iPhone
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント