ScanSnap s1300を買ったぜ!書類整理(処分)が捗る!

授業も終わり、家の整理をしていたんですが、授業中に貰ったプリントの山が当然のように家に溜まっているわけです。

「あーこれ来年度もまた使うかもしれないからとりあえず保存っと。。。」 とかやっていると8割がた保存となってしまうわけで、なかなか整理といっても捨てられませんでした。

中学、高校時代の書類も残っていたりして、まあたくさんのプリント類が家にあったわけです。

そこでScanSnapを買うとevernoteプレミアムがもれなくもらえるキャンペーンを発見!! evernoteのプレミアムも付いてくるし、利用したら片付きそうだな。 早速買いました。これ超便利です。

用紙をセット!!
写真 1

スキャン中!!
写真 2

読み取り枚数は、
ノーマル       両面・片面8枚/分
ファイン        両面・片面6枚/分  
スーパーファイン          両面・片面4枚/分 
エクセレント        両面・片面0.5枚/分 

エクセレント以外はそれほど遅いという感じは受けません。 下に行くに連れて画質がよくなりサイズも大きくなります。 原稿搭載枚数は10枚のようですが、うまく紙を斜めにしてセットするとかなりの枚数(50枚とか)を1度にスキャンすることもできます。これはスキャン中にずっと見張っとかないと紙が重なってスキャンされてしまうかもしれない ですが。

下の画像は50枚ほどをセットした様子。わかるでしょうか。若干紙が斜めにセットされているのが。 写真 3

途中で紙詰まりが発生したり、2枚重ねてスキャンしてしまった時はパソコン上で中止ボタンを押し、ちゃんとスキャンできているところから再開できるので、使いやすいです。あんまり紙詰まりは起きません。

これはs1300ですが上位モデルs1500もあり、こちらは価格がs1300の2倍ほどとなっておりますが、高機能です。スキャンスピードが早く、原稿搭載枚数が50枚など大量に本を自炊したい人にとっては魅力的な機能です。

1度にスキャンするのがそんなに多くはないと思ったので、こちらのs1300を購入しました。 これで来年度はもらってきたプリントは速攻スキャンして処分しても問題ないかも!?

読み取ったあとにOCR(Optical Character Recognitionの略で光学文字認識と訳す)をかけてpdf化できるのでこれをevernoteに入れておけば、後に必要となった時に検索が楽々引っかかります。このScanSnapとevernoteの相性は抜群だと感じました。

月間アップロード可能容量は60MB→1Gとなるので、容量を気にせずにevernoteに放り込むことが可能となりました。

検索にはwitheverが便利かなと思い、購入しました。

evernote内の検索と同時にオプションでweb検索も同時にしてくれるというアプリ。

自分が知りたい情報が、evernote内にあるかもしれないというときに便利ですね。

自分はevernote内の検索だけで十分ですが。

これで教科書、参考書をスキャンすると大学には教科書を持っていく必要がなくなる日も出てくるのかな。

まだiPadは持っていませんが、iPad3がそろそろ発売されそうですね。

おそらく買います。

大画面の方が見やすいですし、教科書をいつも持ち運べるというのは可能性が大きく広がります。

Wantedly People名刺管理&連絡先アプリ

Wantedly Peopleは、名刺をカメラで撮影するだけで一括スキャン出来る名刺管理&連絡先アプリです。名刺管理が面倒だと思っている方におすすめ!

Wantedly People名刺管理&連絡先アプリ

Wantedly People名刺管理&連絡先アプリ
開発元:Wantedly, Inc
価格: 無料
posted withアプリーチ
ScanSnap
スポンサーリンク
日々の観察ブログ

コメント